☆☆☆まじすか通信☆☆☆

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。



    NO.7928309 2019/11/05 13:18
    田中みな実 彼氏視点の「ベッド写真」にファン大興奮! 炎鵬をメロメロにさせたブラジャー姿を公開
    田中みな実 彼氏視点の「ベッド写真」にファン大興奮! 炎鵬をメロメロにさせたブラジャー姿を公開
     元TBSでフリーアナウンサーの田中みな実(32)が、大相撲の人気力士・炎鵬(25)をメロメロにさせたランジェリーショットを公開。

    プライベートのベッド写真のような自然体のエロスに男性ファンが沸き立ち、絶賛の声が続出している。

     田中は3日に放送されたバラエティ番組『行列のできる法律相談所 3時間SP』(日本テレビ系)に出演し、自身のファンだという炎鵬との初デートを敢行。

    目も合わせられないほど照れまくる炎鵬に対し、田中は肩越しに手を回しながら顔を近づけてマッサージするなど小悪魔ぶりを発揮。

    人気力士を手のひらで転がすかのようにメロメロにさせた。

     さらに、田中は12月13日に発売される自身の初写真集(タイトル未定/宝島社)から数カットを見せ、炎鵬が気に入った一枚の写真をプレゼント。

    放送後、そのお気に入りカットがSNSで公開されたのだ。

     公開された画像は、田中がブラジャー姿でベッドに寝転びながら艶っぽい笑みを浮かべているカット。

    ふっくらバストの美しい谷間が胸元からのぞいており、撮影のアングルやうるんだ瞳が「行為中」を連想させる大胆ショットだ。

     田中は自身のInstagramで「久しぶりにさんまさんとご一緒できて、つい懐かしのキャラクターではしゃいでしまいました(笑)」と番組を振り返りつつ、「ロケで炎鵬関に写真集の一部をみていただけて嬉しかったなぁ〜炎鵬関お気に入りの1枚はこちらでした。

    私もすごーく好きな写真です」と記している。

     これにネット上では「えっろ!」「マシュマロみたいなおっぱい!」「恋人しか見られないようなアングル最高!」「エロテロリストですわ」「炎鵬関がうらやまい…!」などと興奮気味の絶賛コメントが殺到。

    その小悪魔チックな魅力と抜群のスタイルで、炎鵬だけでなく多くの男性ファンをメロメロにさせている。

     同写真集は、リリース発表直後にAmazonの写真集ランキングで1位を獲得し、今回の番組出演をきっかけに再び爆発的に予約数が伸びそうな気配。

    田中は「もう少ししたら、表紙とタイトルも発表できそうです」とも報告しており、注目の表紙カットが解禁されれば、それも予約がさらに殺到する要因となるだろう。

     田中は目標の部数を問われて「20万部」と語っていたが、それも夢ではないほどの女子アナ界の歴史に残る大ヒット作となりそうだ。
    【日時】2019年11月05日 12:00
    【提供】メンズサイゾー
    【関連掲示板】


    【田中みな実 「ベッド写真」大興奮!】の続きを読む



    NO.7937790 2019/11/09 14:45
    京アニ放火、容疑者「どうせ死刑に」…初めて任意聴取
    京アニ放火、容疑者「どうせ死刑に」…初めて任意聴取
    京都市伏見区で7月に起きた「京都アニメーション」放火殺人事件で、京都府警が、全身やけどで入院中の青葉真司容疑者(41)(殺人容疑などで逮捕状)から事情聴取していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

    青葉容疑者は「どうせ死刑になる」などと話したという。

    捜査関係者によると、府警の捜査員が今月8日、大阪府内の病院の病室で、青葉容疑者から初めて任意で事情聴取した。青葉容疑者は会話を交わすまでに回復しているものの、自力では立てない状態で、京都府警は今後、回復具合をみて逮捕時期を判断する。

    青葉容疑者は7月18日午前、京都市伏見区の京都アニメーション第1スタジオにガソリンをまいて放火し、36人を殺害、33人にけがをさせたとして、殺人や現住建造物等放火の容疑などで逮捕状が出ている。

    火をつけた際に自身も全身にやけどを負って意識不明の重体となり、大阪府内の病院の集中治療室で治療を受けていた。約1か月前には気管に挿入されていたチューブを外し、会話をしたり、体を動かすリハビリをしたりしていた。



    【日時】2019年11月09日 12:53
    【ソース】読売新聞
    【関連掲示板】


    【容疑者…初めて任意聴取  京アニ事件】の続きを読む

    このページのトップヘ