都道府県等が引き取った犬猫の殺処分頭数は1974年度(昭和49年度)には122万頭であった。処分頭数は減少しているものの、日本国内の保健所等による平成29年度の殺処分数は、犬は約0.8万頭、猫は約3.5万頭となっている(平成30年度環境省統計)。近年の殺処分率の低下については、自治体による譲渡の取組の推進、
26キロバイト (4,222 語) - 2019年4月5日 (金) 16:12



(出典 serai.kusanagi-cdn.com)


安心して寝れるは 涙