東尾 理子(ひがしお りこ、1975年11月18日 - )は、日本の女性プロゴルファー、タレントである。本名、石田 理子(いしだ りこ)、旧姓、東尾。 父は元プロ野球選手・監督の東尾修、夫は俳優の石田純一。石田桃子は義理の姉にあたる。そして、父のいとこに歌手の青山和子がいる。2001年からリコーに
9キロバイト (1,207 語) - 2019年10月22日 (火) 14:10



(出典 www.cinemacafe.net)


なんでだめ?おれはやらんけどね

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/14(火) 01:26:17 ID:txQxouWE9.net


(出典 image.dailynewsonline.jp)


東尾理子(44)が11日に更新したブログが話題となっている。

東尾といえば先日「穴が開いてきたので、同封されていた当て布を縫う事にしました。」と長男の野球のユニフォームの膝部分に開いた穴を手縫いで補修したことを明かし「息子くん、野球頑張っている証拠ですね!」「りこさん偉い!手縫いでちゃんとやっている!」といった称賛の声が多く寄せられ話題に。

そんな東尾が今回「友人家族と代々木公園に行ってお正月遊びをしました。カルタや羽子板もして夫婦でバドミントン対決。凧揚げを出来る公園も減ってきてるので、広々とした代々木公園、最高。」とつづり、子供達と楽しそうにお正月の遊びを満喫している写真を投稿した。

しかし、この投稿にネット上からは「カルタをわざわざ外でやる?(笑)」「凧上げとかは分かるけど、カルタは家でやれば?」「カルタしている姿寒そう」といった声が寄せられてしまった。

さまざまな遊びをした様子の東尾ファミリーだが、たしかにカルタは外でやらずに室内でやった方がいいのでは?という声が集まってもおかしくはない。しかし、食後の休憩中のカルタ遊びであれば、どんな時も子供を飽きさせないように工夫していて、逆にすごいのではないだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/2153562/
2020.01.13 19:30 デイリーニュースオンライン


【【芸能】子どもたちと公園で“正月遊び”に批判殺到「それは家でやれば?」】の続きを読む