まじすか通信

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ:タレント > 工藤静香


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、長女はフルート奏者、モデルのCocomi、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。
    55キロバイト (4,205 語) - 2020年3月21日 (土) 12:46



    (出典 contents.gunosy.com)


    親はどんな子でも可愛く思うのでは

    【工藤静香インスタで娘2人へ想いを語る】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。 愛絵理(あえり)のペンネームで楽曲の作詞も行っている。
    54キロバイト (4,165 語) - 2019年11月19日 (火) 08:52



    (出典 days-file.com)


    工藤静香 = Blue Rose =

    (出典 Youtube)


    違和感も無くいいコーディネートじゃないですか

    【【悲報】20年前のスカートでコーディネート完璧スタイルの私服だか】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。 愛絵理(あえり)のペンネームで楽曲の作詞も行っている。
    54キロバイト (4,165 語) - 2019年11月19日 (火) 08:52



    (出典 banbi-eye.com)


    いたしかたなし

    1 チミル ★ :2020/02/16(日) 21:34:47 ID:MJ2/TEte9.net

    歌手の工藤静香(49)が上海と香港での公演を断念したことを明かした。

    工藤は13日にインスタグラムを更新し、「夏、ピアノとボーカルのアコースティックライブまた今年もやらせていただこうと思っています」とライブを行う予定であることを報告。ポストにどこかアンニュイな表情を浮かべた自身の写真を投稿した。

    しかし、現在中国を中心に新型コロナウイルスが流行していることもあり、「今年はこのアコースティックライブで上海、台湾に行く予定だったのに、残念」と上海と台湾の公演は断念したとのこと。「またいいタイミングで昔から応援し続けてくれているファンに会いに行きますね!」と自身のファンに呼びかけていた。

    ✂┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈以下略

    2020.02.16 18:00 | デイリーニュースオンライン
    http://dailynewsonline.jp/article/2193731/

    (出典 i.imgur.com)


    【コロナウイルスの余波工藤静香、上海&台湾公演を断念】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。 愛絵理(あえり)のペンネームで楽曲の作詞も行っている。
    54キロバイト (4,165 語) - 2019年11月19日 (火) 08:52



    (出典 hochi.news)


    ええんじゃないの

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/05(水) 08:52:19 ID:EpieMZO09.net

    歌手の工藤静香が1月31日、自身のインスタグラムを更新。
    自宅のトイレに飾った?枯れ気味?のチューリップを公開したところ、ネット上ではツッコミの声が続出してしまった。

    「工藤といえば、その独創的な料理ばかり注目を集めることが多いですが、実は根っからの?お花?好き。インスタでも、自宅で栽培したガーベラやレモンバーベナなど、さまざまな種類の花をアップしています」(芸能ライター)

    そんな工藤は、自宅のトイレにチューリップを飾ったようで、《チューリップは飾っていて一番楽しいお花かもしれない 水を吸い上げ、茎の伸びる感じがたまらない》などと、白色や赤色のチューリップを収めた写真を公開。
    タイル張りのトイレの壁の前に、白色のシンプルなフラワースタンドで、チューリップの色味を生かしたものとなっている。続けて、《もう短くなるまで何日も楽しんだ花は、毎回トイレに飾ります》と説明し、
    《何だかホッとしますよ! 是非お試しください》と、枯れ気味の花をトイレに飾ることをファンにおすすめするのだった。

    View this post on Instagram
    チューリップは飾っていて1番楽しいお花かもしれない?? 水を吸い上げ、茎の伸びる感じがたまらない。 もう短くなるまで何日も楽しんだ花は、毎回トイレに飾ります。 なんだかホッとしますよ! 是非お試しください。

    A post shared by Kudo_shizuka (@kudo_shizuka) on Jan 30, 2020 at 10:14pm PST

    「事故現場に飾ったような花…」
    この投稿に対し、コメント欄では、

    《なるほど 真似させていただきます》
    《チューリップはみんなに愛されてる花だから》
    《ついついトイレは造花ばかりなので今度からはやってみます》

    などと、ほっこりする声が寄せられている。しかし、某匿名掲示板では、

    《シナシナ…》
    《運気下がりそう》
    《なぜ自信満々でインスタに上げられるのかが分からない》
    《何で何日も楽しんだチューリップをインスタに?》
    《事故現場に飾ったような花…》

    などと、工藤のセンスを理解できない声が続出。また、トイレのタイルの溝にカビが生えていることに対して、

    《タイルのスジにはカビが生えてるし…清潔ゼロでこれはヒドいわ》
    《目地が黒いね》
    《木村家のトイレ、臭そう…》

    などと?ネット姑?のような指摘を入れる声も多く上がっている。

    夏でもブーツを履いたり、ソロデビュー32周年を記念したインスタ写真で?しわしわ?のTシャツを着用したりと、いろいろと?無頓着な?工藤。ファンはそんなところも含めて応援したくなるのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2181299/
    2020.02.05 07:30 まいじつ


    (出典 matomake.com)


    (出典 i0.wp.com)



    (出典 Youtube)

    Shizuka Kudo - カレリア


    【トイレに飾った花が枯れ気味で どーなの?言われる】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。 愛絵理(あえり)のペンネームで楽曲の作詞も行っている。
    54キロバイト (4,165 語) - 2019年11月19日 (火) 08:52



    (出典 taishu.jp)


    ご愁傷様です

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/02(日) 09:42:57.63 ID:Srq6lBSF9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手の工藤静香(49)が30日、自身のインスタグラムを更新。投稿した手料理の写真に賛否の声が集まり話題となっている。

    手料理写真をたびたびインスタグラムにアップし、ファンからは絶賛を集めている工藤。先日には「白いご飯に美味しいひじき梅」として、手作りひじき煮の写真を披露。
    このポストに工藤のインスタグラムには、「おいしそう!」という声が集まっていたが、一方ネットからは、「みりん入れたら砂糖いらなくない? ビタミンミネラルより糖分塩分の過剰が不健康」
    「間違いなく味濃いな…めっちゃ喉乾きそう」という厳しいツッコミが上がってしまう結果となったばかり。

    そんな工藤、今回は「久しぶりにレバーを食べて元気を出そう!豚レバーを買いたかったけど売っていなかったので、鳥レバーにしました 先にお酒と生姜で匂いは消しました。」
    などとつづり、鳥レバーともやしやニラを炒めた料理の写真を公開した。

    お皿に盛り付けられたレバニラは、とても美味しそうに見える。この投稿に対しファンからは「料理上手なのがうらやましい。」
    「料理も美味しそう?料理本出して欲しい」などの絶賛の声が届いているのだが、その一方でネット上では「このお皿にのせるセンスのなさwww」
    「レバーをこんな色のお皿に盛り付ける神経が分からん」「料理とお皿の組み合わせが…」などの厳しい声が上がっている。

    工藤の手料理投稿は毎回、いい意味でも悪い意味でも注目を集めている。今回も案の定、厳しいツッコミの声が集まってしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2175309/
    2020.02.01 06:00 デイリーニュースオンライン


    【最近炎上気味か?工藤静香の作る“鳥のレバー炒め”に酷評が続出】の続きを読む

    このページのトップヘ