劇団ひとり(げきだんひとり、1977年2月2日 - )は、日本のお笑いタレントである。本名、川島 省吾(かわしま しょうご)。 千葉県千葉市花見川区出身。太田プロダクション所属。妻はタレントの大沢あかね。 父親の仕事が日本航空のパイロット、母親は元客室乗務員だった関係で、小学2年生から5年生まで、
42キロバイト (5,717 語) - 2019年12月26日 (木) 03:21



(出典 xn--u9jy52g4udo5wcq3a6fc.com)


そういう夫婦もおるかな

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/19(日) 18:30:53.14 ID:787rOGwB9.net

18日放送『人生最高レストラン』(TBS系)で番組MCの加藤浩次が、劇団ひとり・大沢あかね夫妻の私生活を追求。ひとりの行動から夫妻の「離婚危機」を指摘した。


朝食の話題で…
密閉してパンを焼き上げるトースターを購入後、ハニートーストにハマっているというひとり。朝食を楽しんでいる彼に、加藤は「奥さんが作ってくれるの?」と素朴な質問をすると、ひとりは言葉少なめに「自分で作っている」と答える。

「だって自分で食べるものだから」と主張するひとりだったが、加藤は「朝だったら奥さんが用意してくれるんじゃ…」と追求。ひとりは複雑な表情で「そういう時代じゃない。自分のことは自分でやる」と反論した。


加藤の推測
さらに夕食も、飲食店のメニューを配達してくれるUber Eatsで自宅に料理を宅配してもらうというひとり。「(食事の)時間が合わないから」と苦い表情を浮かべる。

この食事を用意されないひとりの夫婦関係などの一連のやり取り、表情から加藤は「あ! お前、別れるな」と夫婦関係の破綻を推測。ひとりは慌てて「別れない」と否定した。

約4割は「配偶者にストレス」
しらべぇ編集部で全国20~60代の男女817名を対象に調査したところ、全体の39.2%が「配偶者と長時間一緒だとストレスを感じたことがある」と回答している。

どれだけ仲が良いといっても、四六時中一緒にいればストレスを感じてしまう夫婦もいるようだ。ひとりは大沢と結婚した理由を「居心地が良かった」と明かしているが、それでも、1人で食事したいときもあるのだろう。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162239434/
2020年01月19日 15時00分 しらべぇ


【劇団ひとりの食生活が独身のよう まさかの離婚ありか?】の続きを読む