オモロイ

NO.8118916 2020/01/20 16:04
闇営業、薬物芸能人……危ない時事ネタで攻めまくるナイツ“地雷漫才”の評価
闇営業、薬物芸能人……危ない時事ネタで攻めまくるナイツ“地雷漫才”の評価
■昔は爆笑問題の独壇場
時事ネタを得意にする漫才師といえば、どんなコンビ名が浮かぶだろうか。

ツイッターで検索すると、爆笑問題、ナイツ、そして批判的な文脈も含めてウーマンラッシュアワーといった面々が表示される。

だが、最も完成度の高い時事ネタの漫才を披露したコンビとなると、ナイツという声が多いようだ。

民放キー局でバラエティ番組の制作に携わる関係者が言う。

「もともとナイツは時事ネタの漫才を得意にしていますが、年末年始は各局のネタ番組で、『吉本の闇営業問題』と『薬物タレント』という、オンエアが難しいはずの漫才を披露していました。この手の危ないネタは、かつてなら爆笑問題さんの独壇場でした。売れっ子の2人が羽目を外してライブで暴走、それをファンが喜んでいたわけです。爆問さんの凄いところはテレビ用にソフトバージョンも用意、オンエアできるギリギリを狙ってくるところでした。まさに爆問だから許され、爆問だからこそ笑いを取れていたのです」一方のナイツが年末年始に披露した漫才は、「本当は危ないネタのはずなのに、しっかりと漫才のフォーマットに落とし込まれている」ものだったという。



【日時】2020年01月20日 11:01
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】


【ナイツ危ない時事ネタで攻めるが高評価?】の続きを読む