まじすか通信

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ:女優 > 長澤まさみ


    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。身長170cm。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    69キロバイト (8,431 語) - 2020年3月6日 (金) 13:45



    (出典 i.ytimg.com)


    年中何かしらの賞をもらっているイメージ

    【日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞に長澤まさみ】の続きを読む


    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    69キロバイト (8,396 語) - 2020年2月16日 (日) 05:28



    (出典 torigei.com)


    良かったね

    1 ひかり ★ :2020/02/18(火) 18:53:40.83 ID:xrHDgxmm9.net

     東京映画記者会(デイリースポーツなど在京スポーツ7紙で構成)が制定する「第62回ブルーリボン賞」の授賞式が18日、都内で行われ、
    主演女優賞の長澤まさみ(32)がシックな黒いドレスを身にまとって登場。対象作「コンフィデンスマンJP」のさらなる続編を希望した。

     2018年のドラマ版に続き、昨年公開された「-ロマンス編」でキュートな信用詐欺師のダー子を演じ、9年ぶりのブルーリボン賞を獲得。
    今年5月1日には映画版2作目となる「プリンセス編」の公開が待機している。

     今年がデビュー20周年の節目。コメディエンヌの才能を開花させた新たな代表作が評価され、長澤は
    「私もダー子のように信念を持って生きていけたら。この作品が大好きなので、まだまだ『コンフィデンスマンJP』の世界が続いたらいいのになと思います」
    とライフワークにする意気込みだ。

     2006年のNHK大河ドラマ「功名が辻」で共演している司会の舘ひろしは「あの美貌と笑顔なら、僕もだまされてみたい」とメロメロだった。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/18/0013126442.shtml
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/18/0013126442.shtml?pg=2

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【長澤まさみ ブルーリボン賞 主演女優賞】の続きを読む


    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    68キロバイト (8,344 語) - 2020年1月22日 (水) 07:53



    (出典 i.pinimg.com)


    女優だね

    1 孤高の旅人 ★ :2020/01/22(水) 08:41:38 ID:yOmyyMVq9.net

    長澤まさみ、女優デビュー20周年で初の汚れ役 自堕落で奔放、闇落ちの母「演じてみたいと思った」…映画「MOTHER マザー」
    1/22(水) 4:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-01210229-sph-ent



     昨年、報知映画賞で主演女優賞に輝いた女優・長澤まさみ(32)が、映画「MOTHER マザー」(初夏公開、大森立嗣監督・脚本)に主演し、自堕落で奔放な母親役を演じることが21日、分かった。女優デビュー20周年の節目の年に、初の汚れ役に挑む。

    「新聞記者」「宮本から君へ」の映画製作・配給会社スターサンズが、実際に起きた少年による祖父母殺害事件に着想を得て映画化。大森監督とタッグを組み、同監督が脚本も手掛けた。

     長澤が演じるのは、行きずりの男たちと肉体関係を持ち、その場しのぎの生活を送る自堕落な女・秋子。「女」としては破滅的な一方、「母」としては子供をなめるように、かわいがって育てる。複雑な内面を抱え、二面性を持った秋子が社会の闇に落ちていくさまを描く。

     オファーを受けた理由に、長澤は「結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく、息子の目線で脚本を読んでいた。人ごとじゃないと思わせられるリアルさがあって母親の存在の大きさ、親として子供を育てる責任について考えさせられ、演じてみたいと思った」。息子(郡司翔、9)には母親しか頼る存在がおらず、社会の底辺で生きる2人の間に“ある感情”が生まれる。その結果、成長した息子は自らの祖父母を殺害する事件を起こす―。

     映画「コンフィデンスマンJP」などコメディエンヌぶりに注目が集まる長澤だが、今作は全く異なる役どころ。「視点の違いで理解が大きく変わるキャラクター。母親に対して、見る方に同情の余地を持たせると、この物語が成立しない気がしたので一番意識しました」とコメントした。

     内縁の夫になるダメ男のホスト・遼役を演じる阿部サダヲ(49)は「親子って何なんだろうとしばらく考え、何かに寄生していないと生きていけない…人の弱さ、もろさを感じた」。初共演の長澤に「母親役の印象はあまりなかったのですが、グッと来ましたよ。親子のシーン…僕はいないシーンです(笑い)」と話した。

     ◆「どんどん大きく」大森監督も太鼓判

     約1か月の撮影期間を経て、昨年6月にクランクアップ。大森監督は「秋子は強烈で想像を超えたキャラクター。大変だったと思いますが、撮影を進めるにつれ、長澤さんが、作品の中でどんどん大きな存在になっていきました。非常に良い表情を収めることができたと思います」と太鼓判を押した。


    【【動画】女優デビュー20周年で初の汚れ役 厚み増す】の続きを読む

    このページのトップヘ