蛭子 能収(えびす よしかず、1947年10月21日 - )は、日本の男性漫画家、タレント、エッセイスト。ファザーズコーポレーション所属。 1947年(昭和22年)10月21日熊本県天草市生まれ。長崎県長崎市育ち。長崎市立戸町中学校卒業。長崎商業高等学校卒業後、地元の看板店に就職するも、つげ義春の
221キロバイト (29,437 語) - 2020年1月27日 (月) 21:39



(出典 www.baitoru.com)


体のおとろえ

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/27(月) 12:22:34 ID:YSPZ9GM59.net

蛭子能収がローカル路線バス乗り継ぎの旅を引退し、バス旅ファンの間にはバス旅ロスが広がっている。それを吹き飛ばそうというのか、太川陽介が1人で新たな旅番組に挑むこととなった。

それは1月29日放送の「水バラ ローカル路線バスVSローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅 秩父~日光」(テレビ東京系)。昨年11月に「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)で放送された「ローカル路線バスVSローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅」の第2弾だ。
初回は蛭子が参加しているが、今回は登場しない。

これはローカル路線バスしか乗れない太川チームと、鉄道しか利用できない村井美樹チームがどちらが先に目的地に着くか競う内容。第1回は様々なトラブルが太川らを襲い、刺激的な旅になった。

「そこで心配されているのが太川の心理状態なんです。太川は旅バラの最後のほうになるとささいなミスをしたり、ゲストにガチギレしたこともありました。太川は蛭子に怒ることがありましたが、それがうまくガス抜きになり、一方、蛭子があのキャラクターで太川をなだめていたんです。長年のパートナーを失った今、太川の怒りが爆発するのではないかと心配です」(テレビ誌ライター)

心配の種はすでにある。太川チームの内山信二だ。番組の予告を見ると、歩かなければいけない所で内山が大幅に遅れ、バスを逃してしまうという場面がある。このようなミスを太川が許すとは考えづらい。

「前回ではタレントのスギちゃんが歩きで遅れ、列車を乗り過ごしてしまい村井が激怒するという事件がありました。これが太川だったら激怒で済んだかどうか…。いずれにしても蛭子不在の旅番組は太川に注目です」(前出・テレビ誌ライター)

「ローカル路線バスVSローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅」はテレ東旅番組の新たな看板になることができるだろうか。カギを握るのは太川で間違いなさそうだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/17723589/
2020年1月27日 9時58分 アサ芸プラス


【蛭子能収不在の旅番組がいよいよ放送開始】の続きを読む