☆☆☆まじすか通信☆☆☆

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ:モデル > 滝沢カレン


    たまたまそうなったのが固定キャラになってしまった

    NO.5611740 2017/06/24 13:30
    滝沢カレン、“日本語おかしいキャラ”に批判の声急増中!
    滝沢カレン、“日本語おかしいキャラ”に批判の声急増中!
    端正な顔立ちとスタイルを生かし、雑誌『JJ』のモデルとして活躍する一方で、「変な日本語が面白い」と最近バラエティ番組に引っ張りだこの滝沢カレン。

    独特な日本語使いやボキャブラリーセンスが評判だが、「キャラつくってる感じでわざとらしい」という批判的な声も少なくないようだ。

    「滝沢は2年ほど前から『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)や『有吉ジャポン』(TBS系)などに出演し、徐々にそのキャラに注目が集まってきたのですが、最近では『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)でナレーションに挑戦し、さらに本領を発揮しています。6月17日の放送ではピザ店の紹介VTRにナレーションをつけていたのですが、店が用意している小麦粉の映像に合わせて『みなさんにはご紹介できないような粉なんですけども……』と誤解を与えるような発言をしたり、指で水と粉を混ぜているVTRに『指でグチョグチョしていくんですけども』と言ったりと独特な表現を連発。一見美人で近寄りがたい雰囲気を持ちながら、一生懸命おかしな日本語をしゃべる姿が『けなげな感じがして可愛い』『丁寧にしゃべろうとして逆に変な日本語になってるのが笑える』と好評です」(芸能ライター)

    ただ一方では、「あのしゃべり方は確実に作ってるでしょ」「あざとさが感じられて、たどたどしくしゃべってるの聞くと不愉快」「おバカキャラ演じてるんでしょ? イライラする」といった声も。

    「批判的な意見が目立つようになったのは、昨年4月に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)への出演がきっかけかもしれません。番組では松本人志が滝沢に、わざとおかしな日本語をしゃべっているのではないかと疑惑を投げかけたんですが、滝沢は必死で反論。もちろんこの時もおかしな日本語でしたが、ゲスト出演していたモデルの宮本エリアナが『楽屋で普通にしゃべっていた』と驚愕の事実を暴露し、滝沢は困惑していました。これで『うわぁ、このしゃべり方、嘘だったんだ』『天然っぽい雰囲気で、ここまで注目を集めるとか計算高い』とアンチが増えたようです」(同)

    ただ、滝沢のこういったしゃべり方は、キャラづくりだけではないそうだ。

    「昨年5月放送の『そこホメ!?』(フジテレビ系)に出演した際に、タカアンドトシのタカが、なぜ日本語がおかしくなったのかと尋ねたんですが、滝沢は正しい日本語を教えてくれるアナウンススクールに通っていたことを明かしています。早口言葉や『尊敬語・敬語・謙譲語』を学び、頭に詰め込んだ結果、よくわからなくなってしまい、最終的に間違った日本語でも『とにかく伝えよう』という考えになったと説明しました。しかし、この時に出演者の上田晋也(くりぃむしちゅー)から『直す気はない?』と聞かれたんですが『テレビに出るようになってみんなが笑ってくれるようになって、これなんだ! と思った』とも語っています」(同)

    ローラや水沢アリー、瑛茉ジャスミンなど、ため口キャラでブレイクするミックス系タレントが続々と誕生している中、滝沢は異彩を放つ“日本語おかしいキャラ”として生き残ることができるのだろうか。
    【日時】2017年06月24日 12:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【滝沢カレン、“日本語おかしいキャラ”に批判の声急増中!】の続きを読む


    滝沢 カレン(たきざわ カレン、1992年5月13日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、女優。 東京都出身。スターダストプロモーション所属。『ミスセブンティーン2008』グランプリ。ファッション雑誌『JJ』元専属モデル。血液型AB型。父はウクライナ人、母はバレリーナの宮沢さゆり。
    18キロバイト (2,164 語) - 2020年1月24日 (金) 08:43



    (出典 news.mynavi.jp)


    ええんじゃないの

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/02(日) 17:21:34 ID:Srq6lBSF9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    モデルでタレントの滝沢カレン(27)が27日、自身のインスタグラムを更新した。

    滝沢といえば、バラエティー番組などで飛び出す「不思議な日本語」が面白いとして大ブレイク。さらに料理が得意なこともあり、インスタグラムでは手料理やレシピを披露して多くの反響を集めている。

    この日も「私と言えばという人はまだいないですが、いつかそうなりたい生姜焼きを作りました」とつづり、手作りの生姜焼きを披露。必要な食材やレシピを紹介しているものの、「豚肉は切るなら切ってください。仲間を作れば作るほど食べやすくなりますからね」など、今回も滝沢ならではの独特な文章となっている。

    この投稿に対し、ファンからは「これお店のじゃないの?スゲー!」「とても美味しそう 食べたいよ~」「文才が凄い笑」などの称賛コメントが寄せられている。しかし、ネット上では「わざとらしい言葉遣いにイライラする」「キャラを作りすぎていて痛々しい」という冷ややかな声も上がっていた。

    滝沢独特の雰囲気や言葉遣いを「キャラ作り」と感じている人も少なからずいるようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2175446/
    2020.02.02 10:10 デイリーニュースオンライン


    【「わざとらしい」と賛否 生姜焼きレシピ】の続きを読む

    このページのトップヘ