増田 貴久(ますだ たかひさ、1986年7月4日 - )は、日本のタレント、歌手、俳優であり、男性アイドルグループ・NEWSおよびテゴマスのメンバーである。愛称は「まっすー」。東京都練馬区出身。 母親・姉・姉の友達が履歴書を送り、1998年11月8日、オーディションを受けて小学6年生の時にジャニーズ
25キロバイト (2,793 語) - 2020年2月2日 (日) 06:38



(出典 i.pinimg.com)


たしかに

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/03(月) 11:49:12 ID:A2+2Wt5L9.net

今年から『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の看板企画「グルメチキンレース ゴチになります!」新レギュラーを務めている『NEWS』の増田貴久。しかし、就任1カ月とはいえ、その活躍はイマイチの状態が続いている。

「増田は何を食べても、コメントの9割が『おいしい』か『うまい』。ファンのみならず自身でも自虐するほど食リポがヘタで、テレビではどれだけ不得意かを検証するロケも行われたほどです。加えてキャラは真面目で前に出るタイプではないので、『ゴチ』就任発表時、ファンの間では『レギュラーが務まるのか』と心配の声が続出。まだ1カ月しかたっていないので判断するには時期尚早ですが、今のところ、その心配は的中している状況にありますね」(ジャニーズライター)

一方、前任者だった後輩『Sexy Zone』中島健人は、キザなキャラやグループ名にかけた一発ギャグのようなフレーズが出演者に大ウケ。『ナインティナイン』はじめレギュラー陣が「セクシー」を使うことも多く、絡み役としても、岡村隆史と『千鳥』ノブに匹敵する有能な盛り上げ要員だった。

ミニコーナーで中島が番組復帰?
その爪痕はクビ後も残っており、2018年からレギュラー出演している田中圭は毎週、中島の名前を口に。「セクシーサンキュー」「セクシーストップ」といった中島の持ちネタを使用する他、最新1月30日の放送回では、ハイテンションを競うゲームコーナーにて「『セクシーサンキューゲーム』ってあったじゃん!」と、中島がレギュラーの時代に存在していたゲームと比べるツッコミを入れていた。

SNSを見ると、いまだに中島を気に入っている素振りを隠さない田中に対し、中島のファンは毎週大喜び。一方、交代となった増田のファンからすれば面白くないようで、

《まっすーの立場は…》
《ゴチで卒業した健人の話出すのやめなよと思ってしまう》
《ケンティーいないのにあまりに話題に出すと、まっすーの立場は…?ってなりそう》
《暗に前の方が良かったって言ってるみたい》
《みんなけんてぃーのことが大好き過ぎてまっすーに冷たいの悲しい いじりに愛がなさ過ぎた》

などという声も上がっている。「増田は無個性で面白味がなく、バラエティー要員としては中島の足元にも及ばない。レギュラー陣がいまだに中島をイジるのはその証拠で、番組スタッフも増田の無能さに頭を抱えているようです。そこで浮上しているのが、中島をゲームコーナーのレギュラーとして?番組復帰?させるテコ入れ案。過去にも、矢部がかぶり物をして少しだけ出演したり、岡村が『オカチャンマン』、出川哲朗が『デガチャンマン』という覆面キャラでゲームコーナーのレギュラーになったりと、クビになったメンバーがミニコーナーで復帰している前例がありますから、中島もこの形に沿って数分だけ出演するレギュラーになるのでしょう」(テレビ雑誌記者)

一刻も早く?バラエティー力?を身に付けなければ、増田はさらに見せ場が減ってしまうかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/2178784/
2020.02.03 10:32 まいじつ


【『ゴチ』NEWS増田ダメダメ 中島健人が再登板か?】の続きを読む