まじすか通信

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ:女優 > 鈴木杏樹


    鈴木 杏樹(すずき あんじゅ、1969年9月23日 ‐ )は、日本の女優、司会者。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。大阪府箕面市生まれ、兵庫県神戸市育ち。 マリスト国際学校高等部中退、東京都立上野高等学校卒業。 神戸のインターナショナルスクールであるマリスト国際学
    21キロバイト (2,536 語) - 2020年2月9日 (日) 02:50



    (出典 dot.asahi.com)


    杏樹の人柄が良いからじゃない

    【【英断】ニッポン放送社長、鈴木杏樹の復帰を決定 その訳】の続きを読む


    鈴木 杏樹(すずき あんじゅ、1969年9月23日 ‐ )は、日本の女優、司会者。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。大阪府箕面市生まれ、兵庫県神戸市育ち。 マリスト国際学校高等部中退、東京都立上野高等学校卒業。 神戸のインターナショナルスクールであるマリスト国際学
    21キロバイト (2,536 語) - 2020年2月9日 (日) 02:50



    (出典 www2.nhk.or.jp)


    なんでだろう杏樹は許せる。人柄か

    【不倫騒動涙の謝罪 MC坂上、出演陣も男が悪い】の続きを読む


    鈴木 杏樹(すずき あんじゅ、1969年9月23日 ‐ )は、日本の女優、司会者。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。大阪府箕面市生まれ、兵庫県神戸市育ち。 マリスト国際学校高等部中退、東京都立上野高等学校卒業。 神戸のインターナショナルスクールであるマリスト国際学
    21キロバイト (2,536 語) - 2020年2月9日 (日) 02:50



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    頑張って

    1 ひかり ★ :2020/02/18(火) 23:31:18.43 ID:xrHDgxmm9.net

     女優・鈴木杏樹(50)が18日、JMSアステールプラザ(広島市)で行われた舞台「『罪のない嘘』~毎日がエイプリルフール~」の広島公演に出演。
    今月6日発売の週刊誌で劇団新派の俳優・喜多村緑郎(51)との不倫が報じられて以降、初めて公の場に登場した。カーテンコールでは共演の佐藤B作(71)から
    不倫ネタをいじられ、「大変お騒がせしてしまい、申し訳ありません」と深々と頭を下げた。

     終演後は楽屋口で待ち構えた報道陣に向かい、頭を下げ、無言のまま迎えのタクシーに乗り込んだ。

     「罪のない-」は三谷幸喜氏(58)作。ちょっとした嘘が、のちに“おおごと”になってしまうというストーリーで、鈴木は片岡鶴太郎の妻役。
    皮肉なことに不倫をしてしまう役どころでもある。

     劇中では、B作が夫役の鶴太郎に向かい、「もっと奥さんを大事にした方がいい。相当愛に飢えてる。近くに4000円のホテルがあるから、
    行ってきなさい」と鈴木が喜多村との不倫で使ったラブホテルの“休憩”(4000円)の値段までアドリブでネタにし、会場からは笑いが起こった。

     カーテンコールでは、B作が「今日、拍手すごいですね。これだけお客さん入ったのも杏樹さんのおかげ」と笑わせ、不倫してしまう役どころに重ねて
    「この芝居をよくやってくれました」と騒動を再びイジると、会場からは拍手が。鈴木は観客に向かって3度にわたり、頭を下げた。

     B作から「一言」と促された鈴木は「大変お騒がせしてしまい、申し訳ありません」と深く頭を下げ、謝罪。再び激励の拍手に包まれ、B作も
    「人を愛することは素晴らしいこと。私は3回(実際は2回)離婚してますから」と自虐ネタでフォロー。会場には笑いが起こっていた。

     一方、不倫相手の喜多村は18日夜、都内でトークショーを行い、「このたびは大変申し訳ありませんでした」と不倫騒動を生謝罪している。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000159-dal-ent
    公演を終え、笑顔を見せながら引きあげる鈴木杏樹

    (出典 www.nikkansports.com)

    公演を終え、報道陣に会釈して引きあげる女優鈴木杏樹

    (出典 www.nikkansports.com)


    【鈴木杏樹、不倫報道以来な舞台で頭下げ謝罪】の続きを読む


    鈴木 杏樹(すずき あんじゅ、1969年9月23日 ‐ )は、日本の女優、司会者。大阪府箕面市生まれ、兵庫県神戸市育ち。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。 マリスト国際学校高等部中退、東京都立上野高等学校卒業。 神戸のインターナショナルスクールであるマリスト国際学
    21キロバイト (2,536 語) - 2020年2月8日 (土) 15:47



    (出典 pds.exblog.jp)


    何故だか杏樹には悪気を感じない

    1 ひかり ★ :2020/02/07(金) 20:46:52.40 ID:YEofJ2119.net

    2月5日、女優の鈴木杏樹(50)が俳優の喜多村緑郎(51)と不倫関係にあると週刊文春で報じられた。2人は昨年10月の舞台共演を経て関係が深まり、
    今年1月にデートしているところを目撃されている。

    SNSでは報道当初、人気女優の不倫報道に批判的な声もある一方で“意外な反応”もみられた。

    《鈴木杏樹綺麗だし仕方ない》
    《不倫しても好きな女優であることは変わらない》
    《不倫より、むしろ50歳でこんなに綺麗なことにびっくり》

    対して、東出昌大(31)と不倫関係にあった唐田えりか(22)への世間の風向きは大きく違っていた。

    報じられた直後から、ネットでは唐田への批判コメントが続出。特に唐田が撮影しSNSに投稿した東出の写真など、いわゆる「匂わせ行為」が話題となり
    炎上状態に。その後、唐田はインスタグラムのアカウントの削除や出演ドラマの降板等を余儀なくされていた。

    そのため、鈴木と唐田の不倫を対比するようなコメントも上がっていた。

    《子供の有無、匂わせ、挑発でだいぶ印象変わる》
    《鈴木杏樹より唐田えりかの不倫の方が腹立つの好感度の差かな?》

    連日の報道のなかで目立った、鈴木と唐田に対する温度差。相次ぐ芸能人の不倫報道への議論はまだまだ続きそうだ。

    女性自身

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200207-00010023-jisin-ent


    【鈴木杏樹不倫報道に意外な反応 炎上続く唐田えりかと温度差】の続きを読む


    鈴木 杏樹(すずき あんじゅ、1969年9月23日 ‐ )は、日本の女優、司会者。大阪府箕面市生まれ、兵庫県神戸市育ち。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。 マリスト国際学校高等部中退、東京都立上野高等学校卒業。 神戸のインターナショナルスクールであるマリスト国際学
    21キロバイト (2,507 語) - 2020年2月7日 (金) 04:18



    (出典 www2.nhk.or.jp)


    ざんね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/07(金) 06:43:28 ID:vBNKsOqx9.net

    女優の鈴木杏樹が、元宝塚のトップスターで女優の貴城ケイの夫で俳優の喜多村緑郎と不倫関係にあったことを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

    同誌によると、2人の出会いは、昨年10月から1か月にわたり京都南座で行われた舞台での共演。深い仲になったのは昨年の暮れのことだという。
    同誌の取材班は今年1月、2度にわたってデート現場を確認。1月30日には、昼すぎから1時間半にわたって千葉の海岸でデート。2人は人目もはばからずハグやキスを繰り返し、その後、鈴木がハンドルを握る高級外車で、ラブホテルへと消えていったというのだ。

    同誌といえば、先月、俳優の東出昌大と唐田えりかの不倫をスクープ。以後、各メディアが大々的にその件を報じたが、鈴木の不倫は驚くほど、どこのメディアも後追いしなかったのだ。
    「所属事務所は、かなりメディアに対して高飛車なことで知られるが、今回の件も“圧力”をかけて止めたようだ。5日に『文春オンライン』が先行して記事を出したが、同日は『オールナイトニッポン MUSIC10』(ニッポン放送)に生出演の予定。それもあって後追い記事を止めたはずだったのだが…」(ワイドショー関係者)

    なんと、鈴木は体調不良のため同番組を欠席。6日朝の平日帯番組「鈴木杏樹のいってらっしゃい」(同)は予定通り放送された。
    「しばらく、生番組は欠席し、ほとぼりが冷めるまでは逃げ切る気なのでは。事務所の要請で各メディアが配慮したのに、まったく意味がなかった」(芸能記者)

    とはいえ、今回の件であの人気シリーズは降板危機を迎えそうだというのだ。
    「鈴木といえば、長年、人気シリーズ『相棒』(テレビ朝日系)に出演中。主演の水谷豊はとても家庭を大事にしているので、不倫スキャンダルには厳しいはず。次回シリーズからさっそく鈴木がいなくなっているかもしれません」(テレ朝関係者)

    今後、少なからず仕事にダメージを与えそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2183568/
    2020.02.06 23:00 リアルライブ


    【不倫発覚で人気シリーズ降板危機?】の続きを読む

    このページのトップヘ