阿部 サダヲ(あべ サダヲ、1970年4月23日 - )は、日本の俳優、歌手。千葉県松戸市出身。劇団大人計画所属。 数々の舞台作品での活躍で演技力への評価を高め、舞台を中心にテレビドラマ、映画と幅広く活躍している。 1992年、舞台『冬の皮』でデビュー。同年には病気で降板した温水洋一の代役として、
31キロバイト (4,205 語) - 2020年2月3日 (月) 11:34



(出典 d17egyts7igch8.cloudfront.net)


よかったね

1 湛然 ★ :2020/02/07(金) 05:16:09.71 ID:49tSv30l9.net

阿部サダヲ、『いだてん』業界人からの高評価に喜び「誇りに思う」
2020年2月6日 19時6分 マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20200206-968824/

阿部サダヲ

(出典 news.mynavi.jp)



俳優の阿部サダヲが6日、都内ホテルで行われた「2020年第44回エランドール賞」授賞式に出席。プロデューサー賞を受賞した2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の清水拓哉氏、家冨未央氏、大越大士氏のお祝いに駆けつけた。

宮藤官九郎が脚本を手掛けた同作は、日本が初参加した1912年のストックホルム五輪から1964年の東京五輪までの知られざるオリンピックの歴史を描いた物語。阿部は、中村勘九郎とともに主演を務め、東京五輪招致に奮闘した政治記者・田畑政治を好演した。

一年を通して優秀な活躍をした俳優や映画・ドラマ等を表彰する同賞で、『いだてん』のプロデューサー陣が表彰され、阿部は「業界の方が選んでくれている賞らしいので、すごく誇りに思う。業界の方がすごく褒めてくれて、昨日も別の現場で褒めてくれる方がいて、熱狂的な方たちがすごくいっぱいいらっしゃるドラマでうれしいです」と笑顔を見せた。

そして、「今後も語り継がれるようなドラマになるのかなと。今年オリンピックも来ます*。よかったです」と続け、「みなさんおめでとうございます」と祝福。さらに、「今日いらっしゃる作品の中でも一番外国人出ていますもんね。あんなに集めるってすごいことだと思う」と笑いを誘いつつ、「よかった。報われたなと思います」としみじみと語った。

「2020年第44回エランドール賞」受賞者

●新人賞
神木隆之介、安藤サクラ、横浜流星、清原果耶、吉沢亮、橋本環奈

●プロデューサー賞
映画『翔んで埼玉』若松央樹(フジテレビ)、古郡真也(FILM)
NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』清水拓哉(NHK)、家冨未央(同)、大越大士(テイクファイブ)

●プロデューサー奨励賞
映画『蜜蜂と遠雷』石黒裕亮(東宝)
TBS系ドラマ『凪のお暇』中井芳彦氏(TBS)

●特別賞
映画『新聞記者』製作チーム

●アクターズセミナー受賞者
片桐美穂、佐伯大地、ついひじ杏奈、内藤聖羽、仁科あい、吉川一勝

(おわり)


【『いだてん』業界人からの高評価に喜び「誇りに思う」】の続きを読む