近藤 真彦(こんどう まさひこ、1964年7月19日 - )は、日本の実業家、会社役員、歌手、俳優、タレント、元レーシングドライバー。Sony Records所属。血液型O型。身長173cm。ニックネームはマッチ(MATCHY)(名付け親は事務所の先輩・松原秀樹)。既婚者。神奈川県大和市出身。
77キロバイト (8,253 語) - 2020年2月8日 (土) 04:49



(出典 %E4%B8%B8%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E9%80%9F%E5%A0%B1.jp)


そーなんだね

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/10(月) 05:17:37 ID:1gShYlA39.net

ミリオンセラーを記録したデビュー曲『スニーカーぶる~す』が発売されたのは、1980年12月12日のこと。近藤真彦40周年、である。

今年7月からは、35周年ツアーから5年ぶりに、40周年記念の全国ツアーを開催予定。“40周年イヤー”の幕開けを飾るがごとく、1月3日の深夜にさっそく『近藤真彦40周年特番~マッチに賛否両論ぶつけてみた!~』(テレビ東京)が放送された。

何をやっても“マッチショー”
「30周年、35周年と、5年刻みにやってくるアニバーサリーイヤーでは、全国ツアーだけでなくテレビの歌番組やバラエティーなどへの露出も確実に増えると思います。おめでたいことではあるのですが、そこに“マイナスの反応”をする層も存在しますね」

と、あるテレビ誌記者は言う。

「マッチさんが歌番組などに出ると番組側の忖度なのか、どうしてもマッチさんありき、マッチさんメインの演出になってしまう。35周年のときに『FNS歌謡祭』に出演した際にも、周年を祝うマッチメドレーを披露。
それだけにとどまらず、それをTOKIO以下、キンキ、嵐、関ジャニ、JUMPといった後輩メンバーたちが総立ちで手をたたいて盛り上げるという状況に、『上司を盛り上げる会社の宴会みたい』と、冷めた視聴者が多かったようです」(テレビ誌記者)

毎年年末に行われる、ジャニーズのカウントダウンコンサートも同様の“現象”が起きていたという。

「マッチさんのステージにかなりの時間を割いたそうです。この年はテレビでの生中継を行わなかった年だったのですが、会場のジャニーズファンは、ほかのグループのパフォーマンスももっと見たかったと残念がったといいます」(同)

毎年『週刊女性PRIME』がやっている「嫌いなジャニーズ」アンケートでも、'16年が4位、'17年が5位、'18年が3位、'19年が5位と、毎年ベスト5入りを果たすほど、“安定の悪感度”を保っている。
ちなみに、先日発表された週刊文春デジタルの「嫌いなジャニーズ」アンケートでは第4位を獲得したばかりだ。

とはいえ、『スニーカーぶる~す』をはじめ、『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『ミッドナイト・シャッフル』など、数々のヒット曲を持ち、後輩がカバーすることも多いマッチの功績の大きさは、ジャニーズファンなら誰でも知っている。
前出のテレビ誌記者は続ける。

「東山(紀之)さんとか嵐の松潤とか、演出を手掛けてて自分は裏方にまわったり、共演してもバックの子たちの使い方がうまい先輩はファンに好かれます。
マッチさんは自身のレースチームは手厚く面倒をみますが、事務所の後輩の演出は手掛けませんからね(笑)。どうしても、ステージ上では“マッチショー”になってしまいます」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200210-00017150-jprime-ent
2/10(月) 5:00配信


(出典 Youtube)
&t=11s
ギンギラギンにさりげなく 近藤真彦


(出典 Youtube)

スニーカーぶるーす 近藤真彦


(出典 Youtube)

北街角/近藤真彦


【デビュー40周年も「嫌いなジャニーズ」常連】の続きを読む