まじすか通信

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ:タレント > IKKO


    IKKO(イッコー、1962年1月20日 - )は、日本のタレント、ヘアメイクアーティスト、ビューティーディレクター、書家。美容家になる前はヘアメイクアーティストとして活動していた。本名:豊田 一幸(とよだ かずゆき)。遠戚に高良健吾がいる。 「IKKO」は本名の音読み「いっこう」に由来する。 雅冬炎(みやび
    34キロバイト (5,248 語) - 2020年2月27日 (木) 00:32



    (出典 miiolo.com)


    美容に関してもプロ根性あり

    【芸能界オネエ枠 IKKOが生き残るわけとは】の続きを読む


    IKKO(イッコー、1962年1月20日 - )は、日本のタレント、ヘアメイクアーティスト、ビューティーディレクター、書家。美容家になる前はヘアメイクアーティストとして活動していた。本名:豊田 一幸(とよだ かずゆき)。遠戚に高良健吾がいる。 「IKKO」は本名の音読み「いっこう」に由来する。 雅冬炎(みやび
    34キロバイト (5,248 語) - 2020年2月27日 (木) 00:32



    (出典 kuropon-celebrity.com)


    最近よくききます。のんきなぐらいで丁度よい

    【完璧主義だから?20年闘っている病 克服のカギはとは】の続きを読む


    IKKO(イッコー、1962年1月20日 - )は、日本のタレント、ヘアメイクアーティスト、ビューティーディレクター、書家。美容家になる前はヘアメイクアーティストとして活動していた。本名:豊田 一幸(とよだ かずゆき)。遠戚に高良健吾がいる。 「IKKO」は本名の音読み「いっこう」に由来する。 雅冬炎(みやび
    34キロバイト (5,180 語) - 2020年2月19日 (水) 06:49



    (出典 croissant-online.jp)


    まぎらわしい

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/20(Thu) 16:45:14 ID:GA/EdYpR9.net


    (出典 www.cyzo.com)


    シンガーソングライターの槇原敬之容疑者が覚せい剤所持で逮捕されたことで、芸能界では“次なる逮捕者”について注目が集まっている。

    「昨年くらいから捜査当局が、有名人の検挙に相当気合を入れている。槇原の周囲から、薬物関連の逮捕者が芋づる式に出るのではないかとささやかれています」(芸能事務所関係者)

    そんななか、東スポWebが『槇原容疑者シャブ人脈芸能人“芋づる式”3人連鎖逮捕あるか 決定的証言を入手』と題した記事を公開。薬物使用の疑惑がある有名人として、ベテランの人気タレントX、バラエティー界の大御所Y、おネエタレントZの3人を挙げた。

    「このところ有名人の薬物事件の疑惑記事が的中している東スポなので、マスコミ関係者もこの3人が誰なのかと騒然としています。そこでとばっちりう受けているのが、IKKOさんです」(週刊誌記者)

    東スポの記事では、“おネエタレントZ”について、“美容関連の仕事”を手掛けているとしている。たしかに、美容専門家の有名おネエタレントといって、真っ先に思い出されるのはIKKOだ。

    「東スポの記事の中に出てくるおネエタレントZはIKKOさんではありません。これは間違いない。でも、IKKOさんが周囲に配ったことのある“プレゼント”に対する勘違いもあって、IKKOさんを疑う人が多いんです」(同)

    IKKOはかつて、“ラッシュ”を周囲に配っていたことも?

    IKKOが周囲に配ったことがあるプレゼントとは、イギリスのバス用品メーカー「LUSH(ラッシュ)」のバスボム(入浴剤)だ。番組出演時に共演者やスタッフに対して手紙付きのプレゼントを配ることで知られているIKKO。LUSHのバスボムが、プレゼントの定番だった時期があるのだという。

    「一時期、共演者の間では“IKKOさんといえば、LUSHのバスボム”というイメージが定着していました。その“LUSH”の部分だけをほんのり覚えていた関係者の中には、槇原が所持していた危険ドラッグを想起する人もいるとか」(同)

    槇原が所持していた危険ドラッグは「RUSH」であり、IKKOが配っていた「LUSH」のバスボムとはもちろん無関係。単なる“ラッシュ”違いなのである。

    「IKKOさんにとっては、ありえないとばっちり。そもそも、槇原が逮捕される以前から、“美容関係の仕事をしているおネエタレント”に対する薬物疑惑が上がっていて、そのたびにIKKOさんが間違われていたんです。マスコミも含めて、周囲の関係者は“IKKOさんはシロだ”としっかりアピールすべきでしょう」(同)

    IKKOにとってはとんだ風評被害となってしまった今回の騒動。芸能人の薬物事件は、思わぬところにも影響を与えるようだ。

    https://www.cyzo.com/2020/02/post_232047_entry.html
    (2020/02/19 17:59)


    【“ラッシュ”違いでトバッチリIKKO】の続きを読む

    このページのトップヘ