☆☆☆まじすか通信☆☆☆

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ: 政治経済


    いずれなくなる

    NO.10137917 2022/01/21 15:56
    2022年度の年金支給額を0.4%引き下げ 2年連続減
    2022年度の年金支給額を0.4%引き下げ 2年連続減
    高齢になった時にもらう国の年金支給額が4月から、今より0・4%下がることになった。厚生労働省が21日発表した。年金の保険料を納める現役世代の賃金が減ったためで、引き下げは2年連続となる。4月の見直しを過去10年でみると2014年(0・7%減)に次ぐ引き下げ幅となった。

    支給額は人によって違う。65歳の人が新たに受け取り始める例(月額)でみると、自営業や専業主婦が入る国民年金(1人分)は、今よりも259円減って6万4816円に。会社員らが入る厚生年金(2人分。40年間働いた夫と専業主婦というモデル世帯)は、今より903円減って21万9593円になる。6月に受け取る年金(4、5月分)から変わる。

    年金支給額は物価や現役世代の賃金の動きに合わせて毎年増減する。物価(昨年)は0・2%減、賃金(18~20年度平均の動向などを反映)は0・4%減だった。今回のように、物価よりも賃金の変動が下回る場合は、賃金の動きに合わせて年金支給額も変える仕組みになっている。

    一方、将来にわたって年金制度を維持するため、物価と賃金が増えた際に高齢化などの影響をみて、年金額を差し引く仕組み(マクロ経済スライド)は、物価も賃金もマイナスだったため、2年連続で使われなかった。

    差し引かれていない分は計0・3%で、将来この仕組みが使われるときにまとめて引き下げることになる。このため、将来物価が増えたとしても、年金額も増えるとは限らない。

    年金は、働く現役世代が納めた保険料を元に、そのときの高齢者へ支給するもの。若いAさんが保険料を積み立て、その分をAさんが高齢者になって受け取れるわけではない。

    そうすると、少子高齢化で現役..

    【日時】2022年01月21日 11:23
    【ソース】朝日新聞
    【関連掲示板】

    【☆★☆2022年度の年金支給額を0.4%引き下げ 】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    羨ましい

    【☆★☆東京都  時短協力金”最大480万円で調整 】の続きを読む



    (出典 askul.c.yimg.jp)



    【☆★☆サンリオ、マイメロ商品発売中止 「性的偏見を助長」】の続きを読む



    (出典 dol.ismcdn.jp)



    【☆☆年収200万円の「おひとり様」に待ち受けることとは】の続きを読む


    2005年10月1日に三菱グループの三菱東京フィナンシャル・グループ(MTFG)とUFJグループのUFJホールディングス(UFJHD)が合併して誕生した。資産規模は約190兆円で、世界最大の金融グループである。 現在、三菱UFJフィナンシャル・グループは三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ
    26キロバイト (2,673 語) - 2022年1月8日 (土) 21:35



    (出典 prtimes.jp)


    三菱じゃなくてよかった

    【☆★☆三菱UFJ 紙の通帳に手数料 年550円】の続きを読む

    このページのトップヘ