☆☆☆まじすか通信☆☆☆

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ: アスリート


    池江 璃花子(いけえ りかこ、2000年7月4日 - )は、東京都江戸川区出身の競泳選手。専門は自由形とバタフライ。2018年8月28日現在、身長171cm、リーチは186cm、足のサイズは26.5cm。ルネサンス所属。マネジメント契約先は株式会社ジエブ。2019年7月30日現在、個人種目11個とリ
    185キロバイト (9,015 語) - 2021年4月5日 (月) 18:02



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    たしかに

    【☆☆☆池江璃花子 開催反対論が吹き飛んだ? ネット上でも賛成意見が急増中!!】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大
    139キロバイト (19,406 語) - 2021年4月4日 (日) 22:53



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)


    すごいね

    【【速報】大谷が先制の2号ソロ!エ軍投手49年ぶり!!】の続きを読む


    ありがとう

    NO.9358745 2021/03/29 21:39
    【MLB】大谷翔平は「ベーブ・ルース以来最高の二刀流」 活躍に“感銘覚える”と米メディア
    【MLB】大谷翔平は「ベーブ・ルース以来最高の二刀流」 活躍に“感銘覚える”と米メディア
    ■OP戦の活躍に「能力に問題はないことを思い出させた」

     メジャー4年目を迎えたエンゼルス大谷翔平投手は二刀流完全復活に向け、順調に調整を進めている。ここまでのオープン戦では11試合に出場して打率.571、5本塁打、8打点。投げても渡米後最速となる101.9マイル(約164キロ)を計測した。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」は「2021年スプリングトレーニングにおける最大の『驚き』と『失望』」とした記事で、大谷の驚異的なパフォーマンスについて「感銘を覚える」と伝えている。

    「ブリーチャー・レポート」は“驚き”に「ショウヘイ・オオタニの二刀流復活」を挙げ、次のように伝えている。

    「今春、打撃において最も感銘を覚えるのはほぼ間違いなくショウヘイ・オオタニだろう。投球において最も感銘を覚えるのは…… まあ、こちらもほぼ間違いなくショウヘイ・オオタニだろう。防御率は7.88だが、8イニングで14の三振を奪った過程で100マイル(約161キロ)を出し、破壊力抜群のスプリットとスライダーを投げた」

     大谷が今季二刀流として活躍を続けられるかについて「疑問を持つのはもっともだろう」と指摘。昨年までの3年間においては、怪我や2020年シーズンの打撃不振によって「頓挫した」とした説明する。

     だが、このオープン戦での圧倒的な活躍は「オオタニの純粋な能力に問題はないことを思い出させてくれた」と解説。「健康を維持できればベーブ・ルース以来となる最高の二刀流スターとしてのポテンシャルを存分に発揮するかもしれない」と予測している。

    ■昨季の両リーグMVPらは「OP戦で失望した選手..

    【日時】2021年03月29日 20:45
    【ソース】Full-count


    【【MLB】大谷翔平 「ベーブ・ルース以来最高の二刀流」 米メディア】の続きを読む


    頑張ってください

    NO.9358745 2021/03/29 21:39
    【MLB】大谷翔平は「ベーブ・ルース以来最高の二刀流」 活躍に“感銘覚える”と米メディア
    【MLB】大谷翔平は「ベーブ・ルース以来最高の二刀流」 活躍に“感銘覚える”と米メディア
    ■OP戦の活躍に「能力に問題はないことを思い出させた」

     メジャー4年目を迎えたエンゼルス大谷翔平投手は二刀流完全復活に向け、順調に調整を進めている。ここまでのオープン戦では11試合に出場して打率.571、5本塁打、8打点。投げても渡米後最速となる101.9マイル(約164キロ)を計測した。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」は「2021年スプリングトレーニングにおける最大の『驚き』と『失望』」とした記事で、大谷の驚異的なパフォーマンスについて「感銘を覚える」と伝えている。

    「ブリーチャー・レポート」は“驚き”に「ショウヘイ・オオタニの二刀流復活」を挙げ、次のように伝えている。

    「今春、打撃において最も感銘を覚えるのはほぼ間違いなくショウヘイ・オオタニだろう。投球において最も感銘を覚えるのは…… まあ、こちらもほぼ間違いなくショウヘイ・オオタニだろう。防御率は7.88だが、8イニングで14の三振を奪った過程で100マイル(約161キロ)を出し、破壊力抜群のスプリットとスライダーを投げた」

     大谷が今季二刀流として活躍を続けられるかについて「疑問を持つのはもっともだろう」と指摘。昨年までの3年間においては、怪我や2020年シーズンの打撃不振によって「頓挫した」とした説明する。

     だが、このオープン戦での圧倒的な活躍は「オオタニの純粋な能力に問題はないことを思い出させてくれた」と解説。「健康を維持できればベーブ・ルース以来となる最高の二刀流スターとしてのポテンシャルを存分に発揮するかもしれない」と予測している。

    ■昨季の両リーグMVPらは「OP戦で失望した選手..

    【日時】2021年03月29日 20:45
    【ソース】Full-count


    【【MLB】大谷翔平 「ベーブ・ルース以来最高の二刀流」 米メディア】の続きを読む


    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、英語: Yuzuru Hanyu、1994年(平成6年)12月7日 - )は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)。全日本空輸 ANA所属。早稲田大学(人間科学部)卒業。 主な表彰は、2014年・2018年紫綬褒章。2018年国民栄誉賞最年少受賞者。
    304キロバイト (31,409 語) - 2021年3月27日 (土) 16:20



    (出典 number.ismcdn.jp)


    がんばりました

    【【フィギュア】羽生結弦  優勝ならず3位!!】の続きを読む

    このページのトップヘ