☆☆☆まじすか通信☆☆☆

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ: 出来事いろいろ


    止まってるトラック?

    NO.9279710 2021/02/24 20:51
    【競輪】21歳の成清龍之介選手が練習中、停車中のトラックに衝突し死亡 千葉
    【競輪】21歳の成清龍之介選手が練習中、停車中のトラックに衝突し死亡 千葉
    24日、千葉県袖ケ浦市で、成清龍之介選手(21歳・千葉=117期)が練習中の事故により死亡した。

    成清選手は自転車で市道を走行中に停車していたトラックに衝突した。

    成清選手はA級3班所属。

    117期生として昨年3月競輪学校を卒業、5月にデビューし、7月に四日市競輪場で初勝利を挙げていた。



    【日時】2021年02月24日 19:00
    【ソース】netkeirin


    【【競輪】競輪選手が練習中、停車中のトラックに衝突し死亡 !!】の続きを読む


    クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、英: Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。脳血管障害の8%を占め、突然死の6
    30キロバイト (4,454 語) - 2021年1月21日 (木) 14:13



    (出典 www.terumo-kumomakka.jp)


    だからワクチンは

    【【ワクチン】首相官邸  くも膜下出血での死亡はコロナワクチンと関連なし?】の続きを読む


    まじすか

    NO.9295239 2021/03/03 16:38
    福原愛に不倫報道!夫と子供を台湾に残して横浜「お泊りデート」撮
    福原愛に不倫報道!夫と子供を台湾に残して横浜「お泊りデート」撮
    卓球女子元日本代表で、現在は解説者やタレントとして活動する福原愛(32才)に不倫疑惑が浮上した。3月4日発売の女性セブンが報じる。

     2月下旬、福原の姿は横浜・中華街にあった。彼女の隣には身長差25cmほどある長身のイケメン男性。二人は寄り添って歩き、人気店で行列に並んで買った焼売や小籠包を仲良く頬張った。

     福原は、2016年9月に台湾出身の卓球選手、江宏傑(ジャン・ホンジェ・32才)と結婚。二児をもうけ台湾で暮らしている。今年1月、「株式会社omusubi」を設立し代表取締役に就いた彼女は、その会社設立の手続きなどで現在、日本に単身赴任中だった。その最中にデートを楽しんでいた相手とは誰か。

    「Aさんという、都内の一流企業に勤めるエリートサラリーマンです。メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手(26才)似のイケメン。愛ちゃんとは6、7年前に知人を介した食事会で知り合い、今年に入って急接近。この日のデートは愛ちゃんが『横浜に行きたい』と言って実現したものです」(福原の知人)

     中華街を後にした二人は、Aさんが運転する高級車に乗り込みベイエリアにあるホテルへ。辺りを警戒するようにして駐車場に潜り込んだ。翌日も横浜のみなとみらいでデートを楽しみ、帰路へ。福原は現在、東京の自宅で一人暮らしをしているが、この日はAさんと共に帰宅。翌朝、Aさんは福原の自宅から出勤した──。

     福原と江の夫妻は、台湾では幸せに満ちたカップルと言われている。夫婦のSNSからは家族団らん、仲睦まじい様子が発信されているし、夫婦でのCM共演も多い。しかし、最近になって異変が見られていた。



    【日時】2021年03月03日 12:30
    【ソース】NEWSポストセブン


    【☆★福原愛 不倫報道!横浜お泊りデートか?】の続きを読む


    下流老人(かりゅうろうじん)とは、社会運動家の藤田孝典による造語。および2015年の藤田の著書の題名。高齢者の逼迫した生活をめぐる問題を捉えた言葉。 藤田の定義によれば、下流老人とは「生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」のことである。2015年現在、下流老人は日本国内に推定600万〜700万人いるとされる。
    5キロバイト (611 語) - 2021年1月18日 (月) 10:11



    (出典 i.pinimg.com)


    辛いね

    【【問題】お金がない!50代の3人に1人が老後貯蓄ゼロ!】の続きを読む


    大変です

    NO.9254183 2021/02/14 13:28
    東京に続いて「北京五輪」も開催危機、ウイグル弾圧でジェノサイド認定の重み
    東京に続いて「北京五輪」も開催危機、ウイグル弾圧でジェノサイド認定の重み
    「東京五輪・パラリンピックの開催はどうなる!?」という大問題をよそに、それよりも組織委員会の森喜朗会長の性差別発言とその謝罪会見のあまりのヒドさにばかり目が行く状況で、ますます東京五輪の開催は五里霧中に陥っているのだが、話は早くも2022年に北京で開催予定の冬季五輪の開催にも及んでいる。

    「中国北西部の新疆ウイグル自治区では、少数民族のウイグル人を監視・統制するための収容所に100万人以上を収容して弾圧、その扱いについて性的暴行や虐待、拷問があるとして問題になっています。そしてアメリカではトランプ政権が終わる直前の1月19日にこれをジェノサイド(集団殺戮)と認定しました。それから2月に入ってアメリカ共和党の複数の上院議員が、IOC(国際オリンピック委員会)に北京五輪の開催地変更を求める決議案を議会に提出、バイデン政権でもジェノサイド認定はトランプから引き継いでいるので、この問題では中国に強い姿勢で臨むのは間違いないでしょう」(大手新聞社会部記者)事は今に始まった話ではなく、昨年9月には世界各国の160以上の人権団体がやはりIOCに中国での開催を見直すよう求めていて、正式な見解ではないものの、オーストラリアやカナダなどからは選手団を派遣しない可能性も示唆されている。

    「その中でも強硬姿勢が目立つのがイギリスです。イギリスでは英国放送協会のBBCが収容所の実態をリポート。これと同時に、ジェノサイドが認定された国との貿易を見直す貿易改正案が、議会で通過・成立すると見られています。イギリスでは昨年大みそかに欧州連合(EU)からの離脱であるブレグジットが完..

    【日時】2021年02月12日 06:00
    【ソース】アサ芸Biz
    【関連掲示板】


    【【オリンピック】東京に続いて「北京五輪」も開催危機か?】の続きを読む

    このページのトップヘ