まじすか通信

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ:タレント > 木村拓哉


    木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
    70キロバイト (9,116 語) - 2020年1月21日 (火) 13:08



    (出典 toyohari1028.com)


    それはよか

    1 チミル ★ :2020/02/17(月) 17:03:07 ID:m7llPAHS9.net

    歌手の工藤静香(49)が16日、自身のインスタグラムを更新。夫で俳優の木村拓哉(47)との間に設けた長女が奏でるフルートの音色を公開し、ファンの間で話題を呼んでいる。

    この日、工藤は「どうしてもお姉ちゃんの音出しに参加したいアムちゃん」と短いコメントを添え、愛犬のアムちゃんを抱えた動画をアップ。その内容はといえば、バックで流れる管楽器の音に合わせて器用に鳴き声を出し、“音マネ”をするアムちゃんの様子をとらえたキュートなものだ。

    しかし、どうしてもアムちゃんより気になってしまうのは、巧みな音色を響かせている「奏者」のほう。工藤のコメントにある“お姉ちゃん”というのは、ファミリーで唯一芸能活動をしていない一般人の長女を指すと思われる。

    都内の音楽系高校に通う長女のフルートの腕前はかなりのものだそうで、昨年10月の『女性セブン』(小学館)でも、著名なコンクールの本選進出を果たしたこと、また、“グランプリ該当者なし”となった別のコンクールでも準グランプリを獲得したことなどが報じられ、その実力は「実質、高校日本一」とも言われている。

    今回公開されたのは演奏の準備段階の“音出し”だけとはいえ、正確でよどみのないクリアな音色からは、その才能の片鱗がはっきりとうかがえる。工藤ファンからも「お姉様フルート素晴らしいですね」「すごくいい音~! バリバリ吹いてますね! 音が聴けてうれしい」「美しい音色にも感動です」「繊細できれいな音ですねー」と称賛の声が相次いで寄せられた。

    次女Koki,(17)は芸能の道へ、そして長女は音楽の道へ――。多彩な両親の手厚いサポートを受け、それぞれの夢を追う姉妹の将来がますます楽しみだ。


    日刊大衆 2020.02.17 14:50
    https://taishu.jp/articles/-/72544


    【木村拓哉長女の“フルートの腕前が高校日本一クラス】の続きを読む


    木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
    70キロバイト (9,116 語) - 2020年1月21日 (火) 13:08



    (出典 www.cinemacafe.net)


    だいせいき

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/09(日) 04:08:28 ID:mZMETUiR9.net

    俳優の木村拓哉(47)が8日、東京・国立代々木第一体育館で初ソロツアー(2か所5公演)をスタートさせた。
    ライブはSMAP時代の15年1月、5大ドームツアーのナゴヤドーム公演以来5年ぶり。初ソロアルバム「Go with the Flow」収録曲のほか、SMAPの「夜空ノムコウ」「SHAKE」も披露。
    「ただいま」と歌手としての復活を告げ、1万2500人のファンを熱狂させた。

    自身が一番、この瞬間を待ち望んでいたのかもしれない。ステージ下から高々と、勢いよく飛び出した木村は、大歓声に笑顔で応えた。

    「ようこそ! そして、お待たせしました。まさか今一度、このように皆さんの前で。こんな近い距離で。
    こういう場所に立てるとは思っていませんでした。
    が、たくさんのアーティストから力をいただいて、皆さんの待ってるよという気持ちに応えたくて。
    『騒ぐ場所を作ります』と言った以上、有言実行するしかない。5年ぶりになりますが、“ただいま”です」

    ソロアルバム収録曲を中心に、SMAP時代のソロ曲「Style」(08年)も12年ぶりに披露した。
    「懐かしい」とかみ締めると、続けて切り出したのは客席に姿があった明石家さんま(64)と元日放送の「さんタク」の収録で訪れた奄美大島からの帰路の話題だ。
    機内の隣で、さんまが自身に向けたのはライブの話題だったという。「(歌うのは)アルバムの曲か。何でや。曲はアーティストだけのもんじゃないぞ。聴いてくれている人たちにとっても共有物やぞ」と。

    トークを続ける中で一度流れたバンド演奏のイントロを止める“演出”で、観客のリクエストもあおった。
    「じゃ、分かりましたよ。いったるか!」とシャウト。SMAPの「SHAKE」をお決まりの「プル~ハ~!」の掛け声でスタートし、「♪今夜のライブは、気持ちがいいもんだ~」と歌った。
    SMAPの楽曲は、16年12月26日に放送された「SMAP×SMAP」最終回で「世界に一つだけの花」を歌って以来。
    「みんなと自分の共有物は、これからも大切にしていきたい」とファンを喜ばせ、「夜空ノムコウ」も披露した。

    「あすなろ白書」(93年)の「TRUE LOVE」(藤井フミヤ)など90年代の自身を代表するドラマの主題歌カバー3曲も盛り込んだ。2時間あまりのステージで計20曲。
    ソロ転身後は俳優としての活動がほとんどだったが、ライブの幕開けを飾った「いきものがかり」の水野良樹(37)の提供楽曲の「♪さあ ここがNew Start!」という歌詞の通り、これからもありのまま突き進んでいくつもりだ。

    ◆主な来場者 明石家さんま、及川光博、大島優子、亀梨和也、寛一郎、沢村一樹、七五三掛龍也、田中奏生、玉森裕太、冨岡健翔、富田望生、冨永愛、中村アン、二階堂ふみ、
    西畑大吾、林遣都、松本元太、間宮祥太朗、三浦翔平、水野良樹、道枝駿佑、満島真之介、吉谷彩子(五十音順)

    https://news.livedoor.com/article/detail/17789474/
    2020年2月9日 4時0分 スポーツ報知


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【木村拓哉、1万5千人初ソロライブ開催】の続きを読む


    木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
    70キロバイト (9,116 語) - 2020年1月21日 (火) 13:08



    (出典 samidareshiki.com)


    えらいね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/26(日) 20:22:40 ID:3XFh7qJc9.net

    俳優の木村拓哉(47)が26日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。一日に2度、毎日体重をはかる生活を2年前から続けていることを明かした。

    SMAPの「世界に一つだけの花」を書き、1月8日にリリースした初のソロアルバム「Go with the Flow」でも曲を提供したシンガーソングライターの槇原敬之(50)をゲストに迎えた最終回。

    お互いの愛犬の話などで盛り上がった後で健康についての話になり、槇原から「(普段、体には)気をつかわれているんですか?なにか」と聞かれた木村は
    「いや、気をつかうっていうことはないですけど…そんなつかってないですよ」としながらも「毎日、体重計には乗ってます」と告白。
    「朝、きょうはこれだったなっていうのを付けて、一日過ごして、夜また風呂入った後に乗って。ああ、これねっていう感じで。それをずっーとノートで。ここ2年ぐらいですかね。それをやってるぐらいですね。あとは何もやってないです」と答えた。

    ここで槇原から年齢を問われ「47です」と答えた木村。驚いた槇原が「見えねーっ!3つしか違わないのにすっげー若い!…やっぱすごいですね」と大きな声をあげると「いやいやいや…」と謙そんしていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17721099/
    2020年1月26日 17時27分 スポニチアネックス


    【「毎日、体重計には乗ってます」2年前から朝晩2度のルーティーン明かす】の続きを読む


    確かにちょっとやらないかも

    NO.8115369 2020/01/19 09:27
    木村拓哉、マクドナルドCMでのハンバーガーの食べ方が“あまりに特殊”で視聴者が騒然
    木村拓哉、マクドナルドCMでのハンバーガーの食べ方が“あまりに特殊”で視聴者が騒然
    本人ばかりか、視聴者までも思わずあのフレーズが口から飛び出したようだ。

    昨年は嵐・大野智が起用されていた『マクドナルド』のイメージキャラクターを、1月15日から木村拓哉が務めることとなり、第一弾となる新CMがオンエアされている。

    「CMでは木村のものまねの定番セリフ『ちょ待てよ』も登場していますが、視聴者が一番気になったのは木村のハンバーガーのあまりに特殊な食べ方です。人差し指、中指で上部分を押さえ、親指、薬指で下部分を支える独特の持ち方で、ネット上では『キムタクの握り方、摂津のシンカーと同じやん』『キムタクのハンバーガー握り方はソフトバンクの武田投手のドロップカーブと同じ握りですね』『高津のシンカーだろ』『いや潮崎のシンカーだ』と、歴代の変化球投手の名前が飛び交うなど、斜め上からの盛り上がりを見せています。元バーガー店員の書き込みもあり、それによればキムタクのバーガーの持ち方を『崩れないバーガーの持ち方』として客に勧めていたと言い、マック側がそうしたか、キムタクがバーガーを食べ慣れているかのどちらかだと予想しています」(芸能ライター)ハンバーガーの握り方だけで話題になるとはさすがだが、そんな木村は以前にも食べ方が話題になったことがあったという。

    「木村が『帰れマンデー』(テレビ朝日系)の『帰れま10』に出演した際、テーブルに肘をつく、舌を出して食べるなど彼の食事マナーが最悪だったと、ネット上をざわつかせたことがあります。食べる瞬間の口元をカットするなど編集がされていたものの、“迎え舌”を抑えきれず放送されてしまい、多くの人に『下品』だと不快感を抱かせてしまった」(テレビ誌ライター)その反省からきれいなバーガーの食べ方を編み出したのかも?
    【日時】2020年01月19日 06:00
    【提供】日刊サイゾー


    【マクドナルドCMでのハンバーガーの食べ方に注目!】の続きを読む


    木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
    70キロバイト (9,092 語) - 2020年1月15日 (水) 21:05



    (出典 www.asahicom.jp)


    あつみを増してきた?

    1 Egg ★ :2020/01/16(Thu) 12:44:23 ID:9FKbYJAR9.net

    【芸能界クロスロード】

     最近、10代の女の子の間では木村拓哉を「かっこいいおじさん」と呼んでいるそうだ。こんな話が話題になるのも、キムタクへの関心度の高さ。

     アイドルのなかでも別格といわれたキムタク。年を重ねても一向に変わらない存在であることを再認識する。そんなキムタクもすでに47歳。2人の娘を持つ立派なおじさんだが、いまだにアイドルというイメージで見られている。

     SMAP解散から丸3年。木村は俳優業に軸足を置いて活動しているが、依然として「何を演じてもキムタク」の評が変わらないのも、アイドルのイメージを引きずっているからに他ならない。課題は、いかに「脱アイドル」を図っていくかにあったが、ようやく変化が見られだしたのは昨年。本格的に始めた俳優業は映画「マスカレード・ホテル」でホテルマン。年末にはドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)でシェフ。年明けは「教場」(フジテレビ系)で教官とタイプの違う役をこなした。

     とりわけ目を引いたのは髪形。裾を刈り上げた七三分け。軽くパーマを当てワイルド風。教官役の白髪。「かっこいいおじさん」は「教場」の宣伝の一環とのうがった見方もあるが、アイドル色を一新する効果は十分にあった。

     こうした一連の動きから、木村は俳優として新たな段階に進もうとしているように見える。

     昭和の大スター・高倉健さんと重なるものがある。

     健さんは東映専属時代、「ヤクザスター」と呼ばれ東映の看板になったが、ヤクザ役のイメージが色濃く残った。これを健さんは嫌い、45歳の時に独立。新たな作品に挑戦。1年後に「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」で新境地を開拓。ヤクザ映画では男性ファンが大半だった健さんだが、幅広い年齢層から支持されるようになった。

     健さん46歳の時である。期せずしてほぼ同じ年になった木村も俳優として新たな顔を見せた。アイドル全盛期だった頃の木村を知らない10代の女の子が“かっこいい”と褒める。新たなファン獲得に手応えあり。また、アイドル色の強いキムタクに少なからず抵抗があった男性や中高年も、「キムタクのドラマは面白い」と評価は上がっている。昨年から続く作品選びは抵抗感を和らげる効果はあった。とりわけ、3作品とも恋愛色がなかったことも好感が持たれた一因だろう。今年はソロ歌手としての活動も始まる。先日、新宿の街頭でゲリラライブを敢行した。アイドル時代では考えられないことだったが、これも脱アイドルを図る一環と思う。こうした一連の動きは何を意味するのか、芸能関係者に聞いた。

    「独立した元SMAPの3人に対する対抗意識が根強くある。特に今年は地上波進出が確実視されているだけに、見る側は自然に比較してしまう。特にドラマは視聴率がでるだけに、自然に勝ち負けで見てしまいがち。木村本人よりも事務所が3人には負けられない気持ちが強くなるのでは」

     春には新たなドラマも始まる木村。俳優と歌手の二刀流でどう進化していくのか、令和の木村拓哉に注目が集まる。


    【脱アイドル成功か? 10代のファンも急増中】の続きを読む

    このページのトップヘ