☆☆☆まじすか通信☆☆☆

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ:お笑い芸人 > 明石家さんま


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年〈昭和30年〉7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。吉本興業所属。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)で、番組企画・構成等では本名名義でクレジットされることもある。和歌山県串本町出身、奈良県奈良市育ち。
    142キロバイト (20,143 語) - 2020年7月4日 (土) 11:35



    (出典 animeanime.jp)


    なんだか微妙

    【【悲報】明石家さんま、「YouTuber見下し発言」にネット民が猛反発!】の続きを読む



    (出典 prt.iza.ne.jp)




    世の中がきれいなものを求めるからな

    【☆★☆★さんま、芸能界の現状を嘆く!!】の続きを読む


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント。 吉本興業所属。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)で、番組企画・構成等では本名名義でクレジットされることもある。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    147キロバイト (20,695 語) - 2020年2月16日 (日) 11:38



    (出典 img.cinematoday.jp)


    どうぞどうぞ

    1 フォーエバー ★ :2020/02/18(火) 22:31:51.10 ID:PYI1T/NY9.net

    2月18日(火)放送の「踊る!さんま御殿!!」(毎週火曜夜7:56-8:54、日本テレビ系)では、「全員ママ!子育て事情を大激白SP」として、井上和香、小原正子、くわばたりえ、近藤千尋、佐藤亮子、関根麻里、高城亜樹、武田久美子、なーちゃん、中村仁美、hitomi、ボーク重子が登場。子育ての苦労や夫への不満を明*。

    初登場の元AKB48・高城は、Jリーガーの夫・高橋祐治が千葉のチームに移籍し関東に引っ越したことから、「今後はまたお仕事を」と芸能界復帰に意欲を見せる。

    同じく、初登場のママYouTuber・なーちゃんは、自身の子供の動画をアップしているYouTubeチャンネル登録者数が、200万人以上。1本で3億回を超える再生数の動画もあるほど大人気と知った明石家さんまは、「どういうやり口?」と興味を見せる。

    トークテーマである「私が子育てで困惑した瞬間」では、さんまが「うそをつくな」が子育てのルールだったと明*と、くわばたから「誰が誰に!?」とさっそく口撃を受ける。

    その口の上手さが似たのか、くわばたは息子が「機転が利きすぎることが不安」と告白。大人に怒られたときに、息子が発した“うまい返し”にはママたちが「頭がいい!」と大絶賛される。

    くわばたの息子と自分が似たタイプだと感じたさんまは、「将来はさんまか、詐欺師やな」と感心する。

    関根は、子供から「自由って何?」と聞かれ、困惑したことを明*。この悩みに、ほかのママたちも大いに共感していると、4人の子どもを東大に合格させた“佐藤ママ”こと、佐藤亮子が「〇〇が大事」「自由は〇〇じゃない」とスパッと回答する。

    一方、全米最優秀女子高生の母・ボーク重子は、アメリカのお受験事情を説明。ところが、その極端な例に佐藤ママが反論。呆れたさんまが、二人に退出を命じる場面も。

    なーちゃんは、「言葉が乱暴になるから」と子共には一切、YouTubeを見せていないことを明*と、ほかのママたちは驚く。それぞれスマホや、動画を子供に見せるかどうかは、頭を悩ませているよう。

    しかしさんまは、それほどまでにテレビよりもYouTubeが人気であることのほうにショックを受け、「俺もYouTube始めようかな」と発する。

    さらに、「子育てで夫と揉めたこと」というテーマでは、さんまにママたちが総口撃。夫である、さまぁ~ず・大竹一樹に「子供に野球を教えて」と頼んだ中村は、大竹の意外な行動に激怒。

    井上は、夫に娘との留守番を頼んだエピソードで、夫のあまりの不甲斐なさを思い出し「お前は何をしてたんだ!」と声を荒げる。また、くわばたも夫が子供をお風呂に入れた際の、“妻の苦労を分かってない一言に怒りを見せる。

    夫の気持ちが分かるさんまは、彼らの行動を擁護がする。しかしそのたびに、「できへんって言ったらそこまでや!」「普段見てないから!」などスタジオ中から非難を浴びることとなる。

    そのほか、くわばたの「添い乳で伸びた〇〇〇が思い出」という名言や、さんまが、娘・IMALUの幼稚園受験失敗を悔やむ原因となった、“寄付金”についてなど、気になるエピソードも。

    2/18(火) 17:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00223547-the_tv-ent


    【明石家さんま、YouTubeの人気に便乗か?】の続きを読む


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家である。企画等のクレジットでは本名名義も多い。吉本興業所属。本名は「杉本 高文(すぎもと たかふみ)」 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    148キロバイト (20,825 語) - 2020年1月26日 (日) 10:01



    (出典 honne-channel.com)


    まだはやい

    1 1号 ★ :2020/02/01(土) 11:46:00 ID:LFU1l/7f9.net

     【宮迫博之 ユーチューバー本格始動 ( 2020年1月30日 )】 宮迫を個人事務所で預かる明石家さんま(64)は、宮迫のYouTubeデビューについて静観の構えだ。周囲には「あいつの決めたことやから」と話しているようで、関係者は「これからが大変なのは重々承知の上で、見守っていく姿勢のようです」とした。

     当初は現在上演中のさんまの主演舞台「七転抜刀!戸塚宿」で通行人役で復帰する計画だったが、昨年11月にテレビ局幹部らを招き「宮迫を囲む会」を開催したところ報道陣が殺到。世間からの批判の声もあり、さんまが「“まだ早い”というのも分かった」と計画を白紙に戻した。

     昨年末に宮迫の冠番組「アメトーーク!」にゲスト出演した際には「ホンマはここに宮迫が座っているはずやねん!」と愛のあるイジりを連発。今後も変わらず“所属事務所社長”としてサポートする形となりそうだ。

    2020年01月31日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/31/kiji/20200131s00041000116000c.html


    【社長 とりあえず宮迫の動きを静観か?】の続きを読む


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家である。企画等のクレジットでは本名名義も多い。吉本興業所属。本名は「杉本 高文(すぎもと たかふみ)」 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    147キロバイト (20,731 語) - 2019年12月14日 (土) 02:47



    (出典 www.sanspo.com)


    なんとかしてあげてくた

    1 ひかり ★ :2019/12/22(日) 12:15:28.21 ID:42M1qBYE9.net

     お笑いタレントの明石家さんま(64)が21日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。芸能活動を自粛している事務所の後輩
    「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と「チュートリアル」徳井義実(44)へのネットの声を巡って、ある提言をする一幕があった。

     芸能人のYouTube進出が増えている中、「テレビの人間にとってはYouTubeは敵。テレビで頑張らせていただいている間は手を出さない」と決めているという、さんま。
    ただ、周囲の芸人については、「さすがに今はYouTube」と考えるようになったとして、「成功すればっていうのはあるからな。みんな生活があるから」と一定の理解を示した。

     「生活があるから」と話し、さらに口にしたのが謹慎中の後輩芸人2人の名前。「宮迫にしても、徳井にしても“テレビ出されへん”とか“まだ早い”とか
    復帰がどうのこうの言うけどアイツらも生活があるから。その点はやっぱり、口出しできない」と語り、生活を考えると「もう『お前の好きなようにやれ』とかって
    いうことになる」とした。

     さらに、さんま流のジョークも込めながら「世間がバァーとネットで批判してる人らが、小遣い送ってあげて欲しいねん。『出んな、ボケ』(復帰は)『早いわ』とか偉そうに言ってるやつ。
    そう言うんやったら、(生放送動画配信の)ショールームみたいなやつに、100円でもええから、『文句言うて100円』とか『悪口言うたら200円』とか決めといたらええねん」と提言も。

     「韓国なんかもネットの批判で命を絶つような女優さんとか、もう何人もいるから。その辺は考えて」と続けると、ゲスト出演したタレント・藤本美貴(34)も
    「いいシステムですね。言えるし、言われても耐えられますね」と賛同していた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000143-spnannex-ent


    【明石家さんま 後輩芸人をフォロー】の続きを読む

    このページのトップヘ