☆☆☆まじすか通信☆☆☆

2chをはじめ芸能、スポーツ関連のニュース、面白ネタ、事件や事故ニュースをお届けします。 その他、世の中で起きたびっくりした事や笑える事柄を紹介。
時間を忘れて没頭してしまう内容盛りだくさん。

    カテゴリ:タレント > マツコデラックス


    証拠 (証人尋問からのリダイレクト)
    証拠物の取調べは、証拠物を示すこと(展示)によって行われる(刑事訴訟法306条)。 証人を取り調べる証拠調べが、証人尋問である(刑事訴訟法304条)。 鑑定人が口頭で鑑定結果を報告することを鑑定人尋問という。鑑定人尋問については、証人尋問の規定が準用される(刑事訴訟法171条)。
    17キロバイト (2,513 語) - 2020年9月6日 (日) 12:42



    (出典 upload.wikimedia.org)



    【【まじすか】マツコ・デラックス N国・立花党首から証人尋問求められていた! その内容とはそ】の続きを読む


    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト 女装タレント、司会者。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
    50キロバイト (5,967 語) - 2020年12月15日 (火) 16:45



    (出典 www.j-cast.com)



    【 ☆★マツコ・デラックス 今年の出来事振り返る】の続きを読む


    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト 女装タレント、司会者。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
    50キロバイト (5,967 語) - 2020年12月7日 (月) 13:27



    (出典 pics.prcm.jp)



    【【肥満】肥満体の人は自己管理ができない? マツコ・デラックスの持論に称賛!!】の続きを読む


    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト 女装タレント、司会者。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
    46キロバイト (5,460 語) - 2020年10月30日 (金) 19:26



    (出典 www.atpress.ne.jp)


    批判しません

    【 ☆★マツコデラックス  「鬼滅の刃」批判覚悟で言うけど、1分も見たことがない】の続きを読む


    今後も活躍するでしょう

    NO.8891823 2020/09/29 15:36
    マツコ・デラックス「引退説」のウラ側……テレビ界のトップタレントに君臨、「吐き出す毒」なくなり本人も焦燥!?
    マツコ・デラックス「引退説」のウラ側……テレビ界のトップタレントに君臨、「吐き出す毒」なくなり本人も焦燥!?
    マツコ・デラックスが、9月16日の放送回で、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)を“卒業”した理由をめぐって、ネット上では諸説が飛び交う状況が続いている。

    一部で、MC・明石家さんまとの“トラブル”疑惑も浮上していたが、さんま本人がラジオ番組で真相を激白したところ、今度はマツコの“引退説”が飛び交う事態となった。

    さんまは同26日放送のラジオ番組『MBSヤングタウン 土曜日』(MBSラジオ)で、マツコの番組降板について言及。

    マツコは「実は5年前から『ホンマでっか』辞めたかった」そうだが、さんまとの付き合いを考え、10年の区切りまで出演を続けてくれたとのこと。

    また、コロナ禍の影響がなければ、今年マツコは舞台出演をしていたかもしれないという裏話も明かされた。

    「当初から、局や共演者とのトラブルについては『一切なかった』といわれており、大々的な降板発表がなかったのも、マツコ本人の希望とみられていました。さんまがこのタイミングで言及したのは、長年番組を共にしてきたマツコが、一部ネット上で風評被害に近いバッシングを受けていることについて、少しでも訂正しておきたいという思いがあったからではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

    9月29日発売の「女性自身」(光文社)では、マツコの“引退”について言及する記事も掲載された。

    理由はどうあれ、マツコがテレビと“距離を置く”という意思を持っているのは、事実であるようだ。

    「近頃のマツコは、“燃え尽き症候群”だと言われています。この10年ほどで、マツコはテレビ界を代表するタレントに上り詰め、各局にMC番組を持つように。マツコといえば、社会に対する不満や日頃の鬱憤をストレートにぶつける弱者目線の毒舌トークが売りで、それが『視聴者の代弁者』のような役回りを担っていましたが、収入が激増し、豊かな生活を送れるようになった今、社会的な強者になった。自分の中で『吐き出す毒』もなくなってしまっているんです」(広告代理店関係者)

    周囲の関係者だけでなく、マツコ自身もこの状態を良しと思っていないという。

    「そのため、いずれはテレビ以外の場所で、世間に噛み付く“牙”を磨くような活動をしたかったようで、ステージに立つというのもその一環なのでしょう。コロナ禍によって、スケジュールの見通しが立たなくなってしまったので、計画的な“テレビ離れ”とはならなかったようですが」(同)

    本来なら、ひっそりとテレビとの距離を調整するはずだったマツコ。

    来年の今頃には、現在とはかけ離れた芸能活動を展開しているのかもしれない。
    【日時】2020年09月29日 12:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【☆★マツコ・デラックス「引退説」のウラ側とは】の続きを読む

    このページのトップヘ